事前準備

Paypal(ペイパル)の登録とやり方がすぐで簡単!手数料や危険性も紹介

今回はPaypal(ペイパル)の登録とやり方や、手数料や危険性について紹介します。

Paypal(ペイパル)について

まずPayPal(ペイパル)登録のメリットについて紹介します。

売り手にクレジットカード情報が伝えなくていい

自分のクレジットカードの番号や口座番号がしっかり管理か不安かもしれませんが、PayPalでは売り手と買い手双方にクレジットカード情報が伝わりません。

支払手続きが非常に楽でスピーディー

決済時には初回以降毎回クレジットカード情報を入力する手間がかかりません。

高いセキュリティ

PayPalは業界でも最高クラスのセキュリティレベルと言われており、年中無休、24時間の監視システムで個人情報、クレジットカード情報が守られるスキームになってます。

PayPalの危険性や注意点について

PayPalでGoogle検索すると「PayPal 危険性」と出てきます。

ただし、よく調べてみれば当たり前のことでしたので、こちらを頭に入れて改めて注意ください。

注意点1:アカウントのパスワードは厳密に管理すること

注意点2:かなり主流な決済方法として浸透しているため、フィッシングメールやスパムメールが多いこと。

もしかするとPayPalを語った迷惑メールの影響で危険性というワードが出てるのかもしれません。

Paypalは世界中で使われている決済サービス

Paypalは世界中で使われている決済サービスです。
公式HPには以下の説明も記載されています。

ペイパルは世界2億5000万人以上、
1800万以上の店舗で利用できる安全な決済サービス。
カードや銀行口座を登録しておけば、
IDとパスワードだけでオンラインショッピングが可能。
さらに、銀行口座の口座振替設定をすれば、
友達や家族とお金のやり取りができる。
スマホひとつでお金の可能性が広がる
ウォレットサービスです。

ペイパル公式HP

日本だとクレジットカードで直接購入するのが一般的ですが、Paypalを通すことで決済の幅が大きく広がるという利点があります。

PayPal(ペイパル)の登録方法について

PayPal(ペイパル)の登録方法を紹介します。

まずはPayPal(ペイパル)のトップページを開き『新規登録』をクリックします。

PayPalのトップページはこちら

 

『パーソナルアカウント』にチェック、『続行』をクリックします。

 

PayPalに登録するメールアドレス、パスワード、文字コードを入力して、『続行』をクリックします。

 

名前、生年月日、住所、電話番号を入力し、『同意してアカウントを作成』をクリック。

※後から英語表記の住所も登録が可能です。

次に『クレジットカード』または『デビットカード』情報を入力し、『カードを登録する』をクリックします。

これでPayPalアカウントとウォレット情報が登録されましたので、自由に使うことが可能となります。

まとめ

Paypalの良さとして、そのスムーズ且つ簡単な操作が個人的には気に入っています。
まだ登録されていない人がいれば、是非今のうちに登録される事をおすすめします。

Paypalを知らない状態で突然使うとなると少々気が引けるかもしれませんが、実際は非常に優れた決済サービスなので安心してご利用ください!

ABOUT ME
アバター
シマ
【詳しいプロフィールはこちら】 ブログ集客・社会人ネタ(金融/体育会系多め)・独立起業系を主に発信中。 メガバンク入行→総合商社へ出向→副業でブログやり500万PV突破→王道出世コースを捨てて起業 個人でブログコンサル、法人で自社製品の化粧品販売等を実施中。 高校と大学はラグビー推薦入学のガチ体育会系です。 →メルマガはこちら
Youtube(情報発信中)