出向銀行員の解説

次世代型サラリーマンとはなにか 副業で収入源を増やす方法は決断と投資

大手メディアのLivedoor NEWSが「次世代型サラリーマン」について紹介していました。次世代型OLも該当しますよね。素晴らしいと思っています。ここでは次世代型サラリーマンとはなにかという点と副業で収入源を増やす方法が決断と投資である事について紹介したいと思います。

次世代型サラリーマンとはなにか

冒頭でも紹介した通り、大手メディアであるLivedoor NEWS次世代型サラリーマンとして某ベンチャー会社の営業部長の取材記事を掲載していました。
先ずは、その内容を紹介します (全体や詳細は当記事で紹介します)。

「これから稼げる人は、会社の看板に依存するのではなく、自分の力を会社の看板に掛け合わせてレバレッジを効かせられる人だと思うんですよね。『〇〇会社に所属してます』ではなく『僕、こんなことが出来るので○○会社にいます』っていうスタイルにした方がいい。」

そう話すのは、SNSを中心に独自のキャリア論で人気を博すmoto氏だ。新卒では年収240万円で地方のホームセンターに就職しながら、32歳までに4度の転職を経験。そのたびに年収を上げ続け、現在は本業年収1250万円、さらに自身の経験を生かした副業のブログ運営でも年収4000万円を達成。その尋常ではない稼ぎぶりが「次世代型サラリーマン」として注目を集めている。

Livedoor NEWS

要するに、
単にサラリーマンとして生きるだけでは今後稼げず
次世代型サラリーマンになる必要があるとこの方は明言している訳です。

そして、その意見について大手メディアのLivedoor NEWSが取り上げているという事が今回感動し、自身の考え方は正しい方向で進んでいるものであると認識しました。
記事を取り上げて一般公開するという事は即ち、メディア自身が発信している言葉と受け取る事が出来ます
何故ならば逆説となるが内容に否定的であれば載せる訳が無いからです。

次世代型サラリーマンという考え方について

この次世代型サラリーマンという考え方については私自身も同じ意見を持ってました
(もちろん、次世代型サラリーマンという言葉を使っていた訳ではないです笑)

同じ意見と言っても
正確には一般的な金額であれば稼げる事は稼げるけれども、それ以上には決して届かない
という感じです。

このmotoさんはこんな事も言ってます。

本業だけでは収入には限界がある

本業一本で生きると道を選択した場合、もしその本業がダメになった場合に収入源が無くなってしまうリスクが内在している。

従い、リスクヘッジを兼ねて副業で収入源を増やすべきであると考えている。

結果的に収入源を増やす事で自身の生涯賃金は増え、本業がダメになった場合にも他の収入源があるので何とかなる。

仮に将来、自分より遥かに優秀な人間と比較される場面に遭遇した際、自分の「強さ」を活かした生き方をするにはどうするべきかは考えている

そして私はいくら副業で稼ごうが副業のみではなく本業/副業の2刀流で今後も生きる

分かりやすく伝えたかったので、私なりに言葉を変換して次世代型サラリーマンmoto氏の言葉をまとめました。

引用部分に書いてありますが、
この人が4,000万円稼いでいる副業はブログであると明言されています。
要するに私がよく使う言葉であるWEBメディアと同義です。

上記で書いていた本業が「ダメ」になる
という、このダメの意味というのは私個人の意見を加えさせて頂くと、

会社が倒産するだけでなく
・やむを得ず一身上の都合で会社にいる事が出来なくなってしまったり、
・ちょっとやらかしてしまい左遷的な扱いを受けて会社に居辛くなってしまった場合も含まれている
と考えています。

そして、こういった新しい世界へ飛び出して自身のリスクヘッジをした時って、

私が出世街道を突っ走っていたメガバンクで感じた危機感である

「このままだとまずいなぁー笑」

「なんか違うなぁー」

と思っていた時点で決断したアクションそのものなんですよね。

・副業でWEBメディア作って、
・収入源と収入源を作り出すスキルを確保して、
・生き抜く自信と飛び出したい想いを冷静に整理して、
その上で起業という決断をしました。

次世代型サラリーマンと言うと、サラリーマンを純粋にやられている方に対して失礼な言い方になってしまうので、決して好きな言葉ではありません。
(私自身、サラリーマンで非常に貴重な経験をさせて頂いた為)

但し、自由なライフスタイルが広がっている近年の状況を踏まえると、この次世代サラリーマンというスタンスで発言されている内容は正しいと考えています。

私は自身のメルマガでこの数十年の間でメガバンクが総合商社に「一般的な目線で」追い抜かされた理由を紹介しています。
就職偏差値と考えて頂けると分かりやすいかもしれないですね。

今回次世代サラリーマンとして紹介されたmotoさんは決断投資をしっかりと行った結果、「今」がある訳です。
企業間の競争もどこまでどのような決断をして、実際にアクション(投資)するかだと思っています。

次世代型サラリーマンとして副業で収入源を増やす方法は決断と投資

次世代型サラリーマンとして副業で収入源を増やす方法ですが、それは決断投資です。
詳細を書くと相当に長くなってしまうので、詳しくはメルマガで紹介しています。
(メルマガのステマ感が否めず申し訳無いのですが、10万字近くあるので・・・・笑)

ここでも簡潔に紹介したいと思います。

まず、

人が成長して新しいスキルを得る為にはなにをしなければならないと思いますか?

 

それは投資です。

 

勉強」や「実務経験」でしょ?
と思われた方もいると思います。

もちろん、それらも間違えではありません。

ただ、
勉強や実務経験を数段階、抽象的に表現すると(大項目にすると)、それはお金や時間の投資なんです。

例えば勉強で言うと
・お金を出して参考書を購入します。
・そしてその参考書を元に勉強します。

勉強するという行動は時間の自己投資ですよね?

参考書を買うという行動もお金を使った自己投資ですよね?

 

そして、それらの投資をする前に必ず発生するのが「決断」です。
自分の状況を踏まえて、
1、正しい道を判断して
2、決断して
3、実行(投資)する

この部分が次世代型サラリーマンのみならず、人として自分を豊かにする為の本質的な部分であると考えてます。

次世代型サラリーマンが副業で収入源を増やすには

そして、次世代型サラリーマンが副業で収入源を増やすには私自身もブログ(WEBメディア)を推奨しています。

流石に4,000万はガチでやらないと厳しいですが、月収ベースで考えると月300万円ちょっとなので、アド運用(広告運用)などもやれば決して不可能ではないです。

私のように激務のあと、家に帰って片手間でWEBメディア作って収益化させて会社の給与に手を付けずに生活している人間も存在している訳です。
そして、収益化している頃にはそれらのスキルが身に付いています。

これからの時代、オンラインを駆使したWEB戦略は何をするにも必須のスキルです。
また、ライティングスキルも極めて大切です。

それらが身に付く上に、必要なものはPCとネット環境でOK。

普通に考えればやるべきですよね?
だけど、多くの人はやらないです。

理由は
それらの存在を知らなかったり
自分には程遠い存在で無理だと思ったり
時間がない」と思い込んでいたり
人によって様々です。

かなり簡潔に書いてしまいましたが、そんな感じです。

次世代型サラリーマンが副業で収入源を増やす方法は決断と投資である、という形でこの見出しでは紹介させて頂きましたが、
自分の状況を踏まえ(もしくは将来を考えて)、
1、正しい道を判断して
2、決断して
3、実行(投資)する
という本質的な部分は忘れないようにして下さい。

まとめ

大手Livedoor NEWSが次世代型サラリーマンを取り上げていた

次世代型サラリーマンとはなにかという点についてまとめ

次世代サラリーマンだけではなく、人として副業で収入源を増やす方法は決断と投資

収入源のみならず、人生の選択肢を広げるStep.1として推奨しているのはWEBメディア作成

今回は偶然にもLivedoor NEWSが珍しく(?)Goodなニュースを公開していたので、思わずこのような形で紹介させて頂きました。

あなたも次世代型サラリーマン次世代型OLになりませんか?

Youtubeではその為のノウハウを全部公開してます。
興味がある方は是非ご覧ください。
Youtubeはこちら

きっと面白い事になります。

それでは! シマ

ABOUT ME
アバター
シマ
【詳しいプロフィールはこちら】 ブログ集客・社会人ネタ(金融/体育会系多め)・独立起業系を主に発信中。 メガバンク入行→総合商社へ出向→副業でブログやり500万PV突破→王道出世コースを捨てて起業 個人でブログコンサル、法人で自社製品の化粧品販売等を実施中。 高校と大学はラグビー推薦入学のガチ体育会系です。 →メルマガはこちら
Youtube(情報発信中)