出向銀行員の解説

銀行員が出向で左遷(降格)になった場合【出向銀行員の解説】

どうも。メガバンクで出向経験したシマです。今回は銀行員の出向で左遷になった場合にどうなるのかを解説しようと思います。

自分は20代で外部企業へ出向しましたが、40-50代の人の降格扱いの出向事情も色々と知っています。

銀行員の出向が色々と注目されがちですが、左遷時の出向がどうなるかシンプルに言うと、
(1)銀行の若手にコキ使われる関係会社へ飛ぶ
(2)外部出向を避けたい場合、資金流と無関係の部署へ飛ぶ
(3)パワハラ人間はとにかく人に関わらない場所へ飛ぶ
などが挙げられます。
出向を経験した銀行員より。

この記事はこんな人向け

・銀行員が出向で左遷になった場合どうなるのか知りたい

・自分が銀行員で左遷されそうなので事前チェック

・銀行以外の職種だけど左遷されそうな場合にどうすれば良いか知りたい

という事で上記ツイートと共に解説していきます。

銀行員が出向で左遷(降格)になった場合

先に厳しいことを書いてしまいますが、「出向という形で降格左遷になった」という銀行員は結論、その銀行に残り続ける選択を選ぶ限り、諦めるしかないです。

ただし、左遷された/されるなりに手段はありますので最後まで読んでみてください。

若手銀行員にコキ使われる関係会社へ左遷される

まずこれですね。

前にこの記事を作って色々とコキ使われる人について触れました↓

メガバンク(銀行)の出向と本当の平均年収を元メガバンカーが簡潔に暴露 こんにちは。 メガバンクの総合職だった当メディアの運営者シマです。 半沢直樹再開を祝し今回はメガバンク(銀行)の出向...

要するにどういう事かと言うと、左遷になった(元)銀行員は正直、仕事での評価が微妙な人が多いわけです。

せめて最前線で営業活動して利益を生み出している現役銀行員の役には立ってね

という経営判断の元、若手銀行員のサポートを行うような関係会社へ出向します。

これを左遷と呼ぶかどうかは、その会社で判断するというよりも出向先の役職で決まる部分が大きいです。

営業活動をするような「担当レベル」の役職だと、ちょっと残念な感じでして、左遷と言われても仕方ない感はあります。

銀行員だけど資金流と無関係の部署へ左遷

外部企業への出向を避けたい場合には、希望する事で銀行員として生きる道も選択できたりします。

ただしこれはケースバイケースで、完全な超絶やらかしからの左遷であれば問答無用で出向させられる事もあります。

希望が叶い、銀行員の名刺を捨てず銀行に残ることが出来た場合でも、資金流とは無関係の部署へ異動します。

但し役職は下がり、当然ながら同時に年収が下がってしまう事がほとんどです。

資金流とは、そのままの意味で「お金の流れ」です。

お金の取り扱いに関わるような、不正のリスクがある部署に行くことはありません。

何故なら、役職と年収も下がった人がお金に関わる仕事をするとリスクがあるからです。
もちろん一部例外もあります。
どうしても業務上、お金に触れなければならない機会があるポジションもありますが、そういった業務は過去に不祥事を起こしていない堅実な人が配置されます。

資金流と無関係の部署の例

・要注意先などのネガティブ系の審査担当

・債権回収系

・決算書のデータを登録する部署

などですね。全然一部ですが、書きすぎても仕方ないので・・・・

パワハラ銀行員は人と関わらない職場へ左遷出向する

パワハラでやらかした銀行員は、基本的に人と関わらない職場へ左遷という形で出向します。
仮に外部出向ではなくとも、他人と関わらない(関わりにくい)部署に配属されます。

パワハラ対策に関わった人なら分かると思いますが、パワハラは治りません。

一時的に治ったように見えても、必ず再発します。
(特に銀行員のパワハラは大変です)

なので、パワハラ系は人と関わらない部署へ配属させて犠牲者が出ないようにする必要があります。

銀行員の左遷で地方へ飛ぶは間違い

出向とは別に、銀行員が左遷で地方へ飛ぶという話があります。

あれは間違いです。
地方でもピンキリですし、都内でも左遷みたいな実質降格的な部署はあります

中途半端にググっただけの知識やドラマからの情報で、地方=左遷と思って発信しているブロガーが本当に多いです。

ガチ左遷の人は基本的に顧客と触れ合うことはありません。

出向や異動で左遷や降格になった時

出向や異動で左遷や降格になった時にどう考えるかは非常に重要です。

前に平社員でいたい人は幸せになれる話【責任増加>メリット】という記事を書きましたが、考え方次第で人生どうとでもなります。

片道出向や左遷になると戻ってこれない

但し、特に銀行に於いては一度片道出向や左遷になると戻ってこれません。

その状況を受け入れられない場合には、本気で転職活動するか独立するくらいしかありません。

大事なのは、もし片道出向や左遷がどうしても嫌な場合には事前に手を打つことです。

・転職サイトはどこが優良なのかググる

・知人で転職のツテがないか聞く

・独立する上で、なにをして稼ぐのか

・独立する為に必要なスキルや貯金などの準備はあるか

自分が嫌だと思う道に進まないようにリスクヘッジしておく事が必須です。

ABOUT ME
アバター
シマ
【詳しいプロフィールはこちら】 ブログ集客・社会人ネタ(金融/体育会系多め)・独立起業系を主に発信中。 メガバンク入行→総合商社へ出向→副業でブログやり500万PV突破→王道出世コースを捨てて起業 個人でブログコンサル、法人で自社製品の化粧品販売等を実施中。 高校と大学はラグビー推薦入学のガチ体育会系です。 →メルマガはこちら
Youtube(情報発信中)