サラリーマン/OLの給湯室

もう帰りたい協会 月曜日から学ぶサラリーマンやOLのペルソナ設定

もう帰りたい協会 月曜日から学ぶサラリーマンやOL

「全日本もう帰りたい協会」

そんな闇の集団をあなたはご存知ですか?
私はもうかれこれ3年以上前にこの存在を知り驚愕したのを覚えています。

そこで今回はもう帰りたい協会 月曜日から学ぶサラリーマンやOLのペルソナ設定という事で紹介させて頂きます。

この記事はこんな人に役立つと思っています。

月曜日しんどい。誰か共感してほしい

ペルソナ設定ってどういう意味?

尚、本記事では全日本もう帰りたい協会ではなく簡略的にもう帰りたい協会と表記させて頂きました。

もう帰りたい協会 月曜日から学ぶサラリーマンやOLのペルソナ設定

もう帰りたい協会月曜日に代表される作品はこんな感じです(独断と偏見で選定)。

 

 


このアカウントってフォロワー数50万人超えてるんですよね。
もう帰りたい協会の作品達って、私個人としては非常に共感できます。
めっちゃ気持ち分かります。笑

サラリーマン・OLのペルソナ設定

サラリーマン・OLのペルソナ設定について。

どうしてもう帰りたい協会がここまで支持されているかというと、まさに多くの人々が自分で思っている事を見事に表現しているからに他なりません。

ペルソナとは特定の人物を事細かに設定する事です。
それをマーケティングに活かします。

【ペルソナ例】
名前:敦子
年齢:31歳
学歴:日本女子大学 家政学部卒業
住まい:中野区で1LDKのマンション3階に住んでいる
家族:旦那(33歳)と息子(3歳)の3人家族
役割:専業主婦
趣味:息子を保育園に送った後、主婦仲間と秘密裏に会合する事

上記はめっちゃシンプルverですが、こんな感じでどんどん特定の人物を創造していきます。
もちろん、敦子は架空の人物ですし、似ている知人もいません。笑

で、もう帰りたい協会ってサラリーマンやOLでペルソナを作成した時にほとんどのペルソナが

「ほんとそれ」

みたいな事を言いそうなポイントを超的確に突いてるんですよね。

 

要するにペルソナを意識する時に最も重要なのが

「その人ってどんな事考えてる?」

をしっかり追求する事です。

化粧品をどうにか広げたいとすると、敦子の例で言えば主婦同士の秘密裏の会合という場を通じて口コミ的に広がるような商品にするにはどうすればいいか?
なんて考えると開発に1つヒントが出てきたりもします。

もう帰りたい協会で改めて月曜日は敵だと認識

今回の記事を書こうとふと思い、もう帰りたい協会を久しぶりに見た私ですが、改めて月曜日は敵だと認識しました。

最近忘れかけていたんですが、良いこと悪いこと色々と思い出させてもらいました。笑
もう帰りたい協会で言ってることは至極真っ当ですが、逃げてばかりでは何も変わりませんので、どんどん前向きな行動をしていけると良いですね。

ABOUT ME
アバター
シマ
【詳しいプロフィールはこちら】 ブログ集客・社会人ネタ(金融/体育会系多め)・独立起業系を主に発信中。 メガバンク入行→総合商社へ出向→副業でブログやり500万PV突破→王道出世コースを捨てて起業 個人でブログコンサル、法人で自社製品の化粧品販売等を実施中。 高校と大学はラグビー推薦入学のガチ体育会系です。 →メルマガはこちら
Youtube(情報発信中)